薪ストーブのある家

薪ストーブのある家

自然素材を活かし、外断熱に気を配りました。
天井はEP塗装、壁には珪藻土を塗り、床は一般的な合板ではなくナラの無垢フローリングを使っています。また床の一部にガラス素材を使い、階下に太陽光を取り込んでいます。
自然素材を使用することにより室内には木のよい香りが漂い、化学分質特有の嫌な臭いがまったくしません。
建具はすべて建具職人による手作りのオーダー品。薪の暖炉は寒い冬でもこれだけで充分暖かく、石油ヒーターには出せない気持ちよさがあります。

浦野建築の施工実績

WORKS

新築注文住宅施工事例

大黒柱のある家 HEAT20G2グレード UA値0.34 C値0.2 補助金130万円 詳細はこちら
ログハウス風の家 HEAT20G2グレード UA値0.34 C値0.4 ZEH 補助金165万円 詳細はこちら
ZEHビルダー

浦野建築は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

浦野建築の ZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標は50%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は6%

MENU