老朽化した建物を最新の設備や性能で大規模改修

介護

玄関

快適で安全な玄関

住まいの中で、一番大きな段差があるのが玄関です。そのため、身体に負担のかかる動作や障害が大変多く、玄関での転倒によって怪我する高齢者も多いのです。
玄関のリフォームによって、高齢者や介護者、サポートする際などに不便なく移動が可能となり、外に出かけることが億劫にならない快適で安全な玄関に生まれ変わります!

玄関のリフォームポイント

  • 手すりの取り付け
  • 床材の取り替え
  • 段差の解消
  • 引き戸など使いやすい扉への取り替え
安全で快適な玄関|介護リノベーション

手すり

家庭内での負担軽減や転倒予防

手すりは、歩行の負担軽減や、家庭内での転倒等の事故を未然に防げる重要な役割を担っています。「長い距離を歩く部位」「急傾斜のある部位」「立ち座りする部位」「滑りやすい部位」に身体寸法に適しているか?住宅の構造に適しているか?動きや生活動線に適しているか?というポイントを考慮することにより、住まいに適した手すりを設置します!

手すりのイメージ|介護リノベーション

段差の解消

車椅子等のスムーズな動線

家には玄関をはじめとし、意外と多くの障害物があるものです。
よく見ると少しの段差であっても、高齢者の歩行に影響を与えつまづいてしまうことがあります。つまづきの元となる段差となっている部材そのものを取りのぞいたり、段差を傾斜へ変更することにより、歩行の負担解消や転倒防止、歩行器や車椅子のスムーズな導線を確保出来ます!

段差のない家|介護リノベーション

トイレ

気持ちよくトイレを使う

介護の中でまず一番に思い浮かぶのが、トイレの介助ではないでしょうか?被介護者側は、他人の手を借りて排泄することを「恥ずかしい」「情けない」と感じてしまうものです。何よりも、尊厳を傷つけないように配慮したいものです。

トイレでの負担軽減の解消法とは?

  • 手すりの取り付け
  • 便座交換
  • トイレスペースの確保・拡張
  • 出入口(引き戸)にリフォーム
  • 押入れをトイレにリフォーム

上記のような動線を確保することにより、格段に負担が軽減します!!!

介護トイレリフォームのイメージ

浴室

快適な浴室で負担軽減

身体を清潔に保ち、気分転換もできる入浴はできるだけ楽しんでもらいたい大切な時間です。しかし、足元が滑りやすい浴室は転倒などのリスクがあり、介護者側にとって、大きな負担になりがちです。

浴室での負担軽減の解消法とは?

  • 手すりの取り付け
  • 床のすべり止め
  • お風呂の拡張
  • 出入口(引き戸)にリフォーム
  • バリアフリー
  • バスリフト・可動式入浴台

上記のような動線を確保することにより、格段に負担が軽減します!!!

介護入浴のイメージ
介護入浴のイメージ

ホームエレベーター

車椅子でも移動がスムーズ

一戸建てなど個人住宅にエレベーターを設置するものをホームエレベーターと言います。
一戸建て住宅に住んでいて、将来的に不安を感じる事といえば階段の上り下りではないでしょうか?階段を使っての上下階移動はお年寄りや介護の必要な方にとって、足腰の負担が大きく、大変な労力です。
車椅子生活になってから、工事をして対応をするという方はもちろんですが、もっと若い時期に、これからの老後を考えて、ホームエレベーターの設置を、新築時や改装時に検討する方も増えています!!

ホームエレベーターのメリット

  • お年寄りの方の足腰の負担がなくなる
  • お風呂、トイレ等の室内移動がスムーズ
  • 階段での転倒事故を防げる
  • 階段を上る際の介助負担がなくなる
  • 車椅子でも移動がスムーズ

介護負担の軽減により、家族の笑顔が増えます!!

ホームエレベーターのイメージ

REASON

浦野建築が選ばれる理由

ZEHビルダー

浦野建築は ZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

浦野建築の ZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標は50%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は6%

MENU